出世する人・しない人の特徴5選【中小企業勤務の人向け】

  • 2020年3月25日
  • 2021年5月27日
  • スキル
  • 751View
  • 0件

私は新卒で上場企業(バリバリのオーナー企業)に入社しました。その会社で20代の時に一緒に働いた人が現在、最年少で部長職に就いている人もいます。

 

そういった人が20代の頃、どういった視点で仕事をしていたのかまた出世していない人がどうだったかを書きます。

 

何故このような記事を書こうかと思ったかというと出世したい人にはヒントを。

 

出世できない人の特徴に当てはまる人には希望を持つキッカケになればという思いを持ったからです。

 

もうひとつは出世する人系の記事ではどうしても大企業に務めている人に向けている感じの記事が多いと感じたからです。

 

この記事では中小企業に勤務する人に向けて最初に出世する人の特徴を5つ紹介します。

 

その後に出世できない人の特徴を5つ紹介し、それに当てはまる人を大いに勇気づける構成となってます。

 

最後まで読んでもらえたら幸いです。

 

 

 

 

 

はじめに

 

日本においての大企業と中小企業の割合を見て下さい。

会社員の70%は中小企業に勤めていることになります。

 

 

 

 

次に小規模事業所の割合を見て下さい。

企業の87%は小規模事業所で雇用の25%は小規模事業所で占めています。

 

出世する人系の記事に書いてある内容は組織内でしっかりした評価制度があることを前提に書かれているように思います。

 

社員20名以下くらいの規模であるなら完全にオーナーの一存で出世が決まると思います。

 

ちなみに私は新卒で上場企業(一族経営)で約7年、個人不動産営業(大手)で1年、現在は年商50億円規模の中小企業で営業マネージャー職に就いています。

 

働いたそれぞれの企業で出世した人、そうでなかった人、営業先の企業で出世した人、そうでない人を見てきたことを基に自分なりにまとめてみました。

 

それでは早速本文を読んで頂きましょう!

 

 

 出世する人の特徴

 

①与えらた仕事(誰にでも出来る仕事)を誰よりも完璧にこなす。

 

自分の能力以上のことをできるようになる努力はもちろん必要ですが、出世する人はそれよりも身近な上司から与えられた仕事を完璧にこなします。まずあなたを評価するのはすぐそばにいる上長なのです。それを忘れてはいけません。

 

誰にでも出来る仕事を誰にもできないくらい一生懸命するのが出世する人です。

 

 

②上司には絶対に指摘しない。

 

上司がもし間違っていても出世する人は絶対に指摘しません。

 

それは上司の上司が指摘すればいいことだと割り切ります。

 

無能でそりが合わない上司だとどうしても指摘したくなりますよね?

「恥をかかせてやりたい」とか「上司のくせにそんなことで間違うのか」など許せない感情が沸いてきます。

 

私はこの感情をコントロールできずに苦労しました。

 

上司と部下という上下関係に縛られているから腹がたつのです。上司が必ず部下より優れているわけではないと理解しましょう。

 

 

③完全にイエスマンである。

 

ここで強く拒絶反応がでる人も多いと思います。

 

が、、、

 

出世する人は自分の主張や考えを強烈に主張することはありません。目標は出世することと心に誓っているはずですから遠回りはしたくないのです。オーナーや上司に反論するような人で出世している人もいますがごく稀です。

 

自分の考えや会社の方針と違う思いがあっても「それはそれ」として区別して自分のできるベストを尽くそうする人が出世しています。

 

④突出した実績を残す。

 

これは営業会社では必須の条件ですね。

 

とにかく売りまくった営業が出世する。

 

開発系・技術系の会社(部署)だとヒット商品を生みまくる人が出世する。

 

私が以前勤めた個人向けの不動産営業会社がこれでした。社内でも足の引っ張り合いがすごかったので嫌になりましたが、出世する人はそんなことに気をとられません。

 

↓営業スキルを上げたい方はこちらの記事も見てください↓

https://yohacklog.com/wp-admin/post.php?post=147&action=edit

 

 

⑤気配りができる。

 

出世する人は気配りが上手です。上にも下にも気配りを欠かせません。

 

気配りができずに出世している人は究極のイエスマンでオーナーから気に入られているだけの可能性が高いです。

 

 

 

 

 

 

以上が出世する人の特徴です。当てはまりましたか?

 

自分にできていないことがあれば気をつけてみて下さい。

 

プラスになるはずです!

 

 

 

 出世できない人の特徴

 

中小企業、その中でも小規模事業所では基本的にオーナーや上司の感情が評価に大きく寄与します(もちろんそうでない会社もある)。

 

仕事ができるかどうかよりも「上司やオーナーにどう思われるか」が非常に大切だという前提で読んでください。

 

 

①仕事を選ぶ。

 

誰にでもできる仕事や自分の好きではない仕事は敬遠しがちで本気で取り組めない人は出世できません

 

それを見ている上司は間違いなくあなたを評価しません。

 

シンプルに印象が悪いからです。

 

②謎の自信があり自分を省みない

 

実績や経験も乏しいのに何故か自信にみなぎっており、自分を省みようとしない人は出世しません

 

人の言うことが素直に聞けませんし、真似もしようとしません。

 

多分そういった人は誰からも注意してもらえなくなりアンタッチャブルな存在になっていく傾向が強いです。出世からは遠のいていきます。

 

可愛げがない人は評価につながりにくいことを覚えておくべきです。

 

上司やオーナーの人格を認めて敬うことが大切だと覚えておきましょう!

 

 

③まじめすぎる。

 

意外ですよね!?

 

まじめすぎる人は自分に嘘がつけない為、常に本音が出るか周囲のご機嫌伺いができません。適度にまじめがベストです。

 

また何でも白黒はっきりしたがる人は度量のない人間だとみなされがちです。

 

 

④理想を追い求めすぎる。

 

出世できない人は自分の理想がありそれ以外の人や考えを許容できません。

 

常に理想は自分であり自分以外の人を認めがらない傾向が強いです。

 

 

 

⑤上司やオーナーの考えに理解を示さない。

 

自分の理想通りにならない状況にストレスを感じていますのでそれを上司やオーナーのせいにします。

 

俺は会社が良くなるためにこれだけ考えてる!とひとりよがりで愚痴る傾向が強いです。

 

 

 

以上が出世しない人の特徴です。当てはまりますか?

 

多くの人が出世しない人の特徴の1つくらいは当てはまると思いますが、全部ぴったり当てはまる人もいるかもしれません

 

そんな人は「会社で出世」みたいな小さいことにとらわれるのは今日でやめましょう!

 

 

 出世しない特徴が全て当てはまる人へ朗報!!

 

今すぐにでもそんな環境を飛び出して自分で事業を興すべきです!

 

オーナーや上司に気を遣うよりもあなたには自分で考え思いのままに行動してみるべき。

 

そしてしょうもないオーナーや上司をバカにしてやりましょう!!

 

さいごに

 

 

出世する人の特徴

①与えられた(誰にでもできる)仕事を誰よりも完璧にこなす。

②上司に指摘しない。

③イエスマン。

④実績を残す。

⑤気配り上手。

出世しない人の特徴

①仕事を選ぶ

②自信家で自己反省しない

③まじめすぎる

④自分の理想以外は認めない

⑤上司やオーナーすら認めない

⑥自営業向き!!

 

最新情報をチェックしよう!